オープンインタレストと取引量。暗号通貨オプションのトレーダーが知っておくべきこと

最近の暗号通貨の急騰は、オプション取引を好むトレーダーから広く注目されています。暗号通貨オプションの魅力は、投資家が多額の資金負担をすることなく、大量の暗号通貨ブロックを取引する機会を提供することです。

暗号オプションの今後の動きを予測する最善の方法の1つは、その取引量と建玉を分析することです。経験豊富なオプショントレーダーであれば、この2つの指標はオプション契約の生命線であると言うでしょう。

取引高は、1日のうちに取引されたオプション契約の数を反映しています。これは、特定の方向への値動きの強さを示す強力な指標です。

同様に、建玉も、取引参加者の活発な関心を示すダイナミックな変数です。高いオープンインタレストは、オプショントレーダーが契約の保有と取引に非常に興味を持っていることを示します。

暗号化されたオプション取引とは何ですか?

暗号オプションは  将来の日付で合意された価格で基礎となる暗号資産を購入(コール)または売却(プット)する権利を所有者に与えるデリバティブ契約の一種 です。 これにより、トレーダーは原資産の将来価格を投機することができます。

物事を単純化するために、暗号オプションを資産の総価格の端数を支払うことによって、多数の暗号資産を保持する別の方法として定義してみましょう。設定された時間枠内での暗号通貨の将来の動きを予測する自信があるなら、オプション契約の取引を検討してください。

実際、オプションは、暗号先物契約や永久スワップと比較して、トレーダーがわずかなリスクでも大きな利益を得ることができる点で魅力的です。

先に進む前に、オプションの売買を住宅の売買と関連付けて考えてみよう。そうすることで、オプションの概念を理解することができるだろう。

実際の例

あなたが30万ドルで売られている住宅を購入したいとしましょう。あなたは、近くに主要な高速道路が完成したため、1ヶ月以内に家の価格が少なくとも5万ドル上昇することが確実であるため、投資に興味があります。しかし、あなたは銀行を通して30万ドルを手配する時間が必要で、現金を手配するのに約30日かかると思われます。

支払いの手配ができるまで、家の売り手が他の人に家を売らないようにするため、あなたは家を売らないための保険として、家の売り手に1万ドルの保険料を支払うことにしました。

30日以内にローンを手配することができ、その間に家の価格が5万ドル以上上昇したとします。この場合、あなたは1万ドルの保険料を失っただけです。逆に言えば、かなりの額を手に入れたことになる。

オプションの用語では、あなたが家の売り手に支払った保険は、オプションのプレミアムに匹敵するものです。オプションを買ったり売ったりするたびに、プレミアムを支払う必要がある。

比較的少額を支払いながら、大きな投資をコントロールできるのだから、プレミアムはまさに保険と同じだ。時間切れになった場合は、プレミアムを失うだけです。

暗号オプションの例

同じ概念を暗号オプションに当てはめると、オプションの売り手はプレミアムを支払って、暗号オプション取引所で権利行使価格を決済する有効期限のあるコール契約を作成することになります。しかし、プレミアム価格は、契約の残り時間、暗号のインプライド・ボラティリティ、また原資産の金利によって変化します。

いずれにせよ、原資産の実際の価値よりも低い権利行使価格の本質的価値を持つコール・オプションを買いたいトレーダーは、契約満了前に高い価格を支払って契約を締結しなければならないのです。

では、この概念を暗号オプションに当てはめてみましょう。例えば、9月15日に1BTCが47,000ドルで取引されているが、トレーダーAは1カ月契約が終了するまでに価格が上昇すると予測したとする。そこで、彼は、0.005ドルのプレミアムで、行使価格49,000ドルのオプション契約を作成した。

契約満了時に、BTCが50,000ドルになっていれば、トレーダーAは、1,000ドルの粗利を得たことになる。しかし、プレミアム分を差し引いた純利益は、765ドル(1000ドル-235ドル)にとどまる。

オプションの種類と1契約の価値

オプションには、コール・オプションとプット・オプションの2種類がある。

  • コール・オプション株式を購入するのと同じようなもの。オプションの保有者は、将来の指定された期日まで、指定された価格で株式を購入する権利を得ることができる。
  • プット・オプション:将来の一定期間、指定された価格で株式を売却する権利。

過去にストックオプションを取引したことがある場合、ストックオプション契約とクリプトオプション契約を区別することが重要です。ストック・オプションを購入すると、その株式の100パーセントを支配することになります。

しかし、暗号オプションの取引では、原資産の数が異なる場合があります。例えば、1ビットコイン・オプション契約は、1ビットコインを購入または売却する権利を表します。また、0.1ビットコインのオプション契約も購入することができます。

建玉とオプションの出来高が重要な理由

ボリュームとオープンインタレストは、オプションの潜在的な動きを示す2つの主要な変数です。暗号オプションの取引に慣れていない場合、これらの2つの変数に目を光らせておいてください。

建玉は、まだ決済されていない未決済の契約の数です。あなたが契約を購入し、それを保持している場合、それは建玉の例です。同様に、出来高は、ある日に買い手と売り手によって交換される契約の数です。売買された契約数が取引高となります。

出来高と建玉は、暗号市場の全体的なセンチメントを反映しているため、信頼できる指標です。出来高と建玉を解釈する場合、2つのシナリオがあります。

  • シナリオ1: 出来高と建玉が高いときはいつでも、その契約の価格が市場センチメントの方向に動く可能性が高いことを意味します。出来高と建玉が多いということは、その契約に勢いがあり、価格が正しい方向に動くために必要である、と言っても過言ではありません。
  • シナリオ2:出来高が少なく、建玉も少ないオプション契約は、希望する価格に到達するまでに時間がかかる可能性があります。

だからといって、出来高や建玉が少ない契約を無視するわけにはいきません。経験豊富なトレーダーは、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)、つまり満期まで時間があるオプションは、通常、出来高も建玉も少ないことを理解している。

このことを念頭に置いて、取引量や建玉の急激な変化は、通常、動きのあるサインである。パッシブな契約が突然アクティブになった場合、それは通常、将来の活動の兆しです。

建玉は買い意欲にどのように影響するか?

通常、建玉が多いほどトレーダーを惹きつけるのは、それが流動性の証とみなされ、特定の方向に動く可能性があると考えられるからです。理論的には、買い手は、取引終了時に妥当な価格ですぐにポジションを決済できることを意味するため、建玉が大きい契約を好みます。

簡単に言うと、建玉が多いということは、その契約を保持しているトレーダーが多いということです。したがって、望ましい価格で契約を購入または売却する意思を持つ人が常に存在することになります。

これはまた、通常、買値と売値の差が少ないことを意味します。提示価格は望ましい範囲にあるので、高い建玉はトレーダーに契約の購入を促し、逆もまた然りであろう。

オプションの取引量と建玉の比較

トレーダーは、オプションの取引量と建玉を正確に分析できないため、重要な判断を下すことができないことがよくあります。この2つの間には微妙な違いがありますが、この違いを理解することは、自分の行動を決定する上で重要な役割を果たすことができます。

取引量

暗号の取引量は、一定期間に取引された契約数のことです。誰かが契約を購入したり、契約を売却したり、ポジションを閉じたりすると、それに応じて契約のボリュームが増加します。

オプションのボリュームは、常に特定の取引日のボリュームを反映しています。デイリーボリュームとも呼ばれ、その取引日に行われた取引の数についての情報を提供します。したがって、一日が進むにつれて、一日の出来高は、取引のたびに増加します。

一日の終わりには、一日の出来高はゼロにリセットされ、最初からやり直しになります。このため、経験豊富なトレーダーは、日次の取引量を見ることはあまりない。それよりも、隔週、週次、月次の取引量の推移の方が、値動きの良い指標になります。

建玉

建玉は、任意の時点で市場参加者が保有する契約の総数です。建玉は、どれだけのコンタクトがオープン(まだ閉じていない)であるかを教えてくれます。

権利行使価格別のBTCオプションの建玉の一例。CC: Bybt.com

誰かがコールオプションまたはプットオプションを購入するたびに、それはオープンインタレストに追加されます。ポジションがクローズされ、トレーダーが取引を終了すると、建玉は減少します。開始または終了の取引は、トレーダーが保有する既存の契約数に反映されます。

日中に徐々に増加し、ゼロにリセットされる出来高とは異なり、建玉はリセットされません。わかりにくい場合は、次の例を見てください。

オプションの出来高と建玉の例

出来高と建玉の違いを理解するために、あるオプション契約の出来高がゼロで、建玉もゼロであると仮定します。この段階で、シンシアはオプション契約の書き手から5枚の契約を買うことにした。

シンシアが最初のトレーダーなので、その日のオプション・チェーンは次のように表示されるはずである。

  • 出来高: 5
  • 建玉5

この建玉に刺激されて、別のトレーダーJohnが同じ日にオプション10枚を購入。ルールに従って、オプション・チェーンはこの変更を反映する。

  • 出来高: 15
  • 建玉: 1515

その日が終わる前に、Cynthiaは2つの契約を決済し、残りの3つの契約を保有することに決めた。この状況では、2つの取引が追加され、数量が増え、建玉が減ります。

  • 取引量: 17
  • 建玉:13

その日が終わる前に、4枚の契約を保有していた追加のトレーダー、サムがそのすべてを売却することを決定しました。2つの変数の変化に注目してください。

  • 出来高: 21
  • 建玉: 2117

出来高は翌日にはリセットされるので、オプション・チェーンは翌日には次のようになるはずである。

  • 出来高: 0
  • 建玉: 017

既存または新規のトレーダーが別の取引を行った場合、その取引は今日の出来高に反映されます。例えば、10枚の契約を保有しているジョンが、ポジションを全て決済したとします。したがって、オプションのチャートは以下のように変化を記録します。

  • 取引量: 10
  • 建玉:7

その日の残りの時間、何も起こらなかったとすると、初日と2日目の取引量はそれぞれ

  • 初日の出来高: 21
  • 二日目の出来高: 10

これらの例を関連づけることで、出来高と建玉の定義をよりよく理解することができます。トレーダーから見ると、建玉とは、トレーダーがその時点で保有している契約数のことです。これに対し、出来高は、その日に行われた売買取引の総数です。

建玉が多いオプションと少ないオプションのどちらを買うべきか

建玉が多いということは、流動性の高さを示しているため、重要です。流動性が高いということは、一般に、いつでも好きなときに妥当な価格でポジションを決済できることを意味します。

同様に、買値と売値の間のスプレッドも、関心のある買い手と売り手がたくさんいるため、低くなっています。

スプレッドが低いということは、提示価格の高さを気にすることなく、簡単に市場に参入できることを意味します。目安としては、買値と売値のスプレッドが10%以内であれば、活況を呈している証拠といえます。

このような利点から、アット・ザ・マネーのオプションは、通常、建玉が最も多い。アット・ザ・マネー(ATM)オプションは、オプションの権利行使価格が原資産の価格に非常に近いため、一般にトレーダーの関心が高くなります。

一方、OTMオプションは、権利行使価格が原資産の実際の価格から離れているため、取引活動が少なくなることがよくあります。

建玉数が多いことは多くの場合有益ですが、建玉数が少ないオプションを買ってはいけないということではありません。前述のように、ほとんどのOTMオプションは、建玉が低くなります。

したがって、暗号化オプションを満期まで保有するつもりであれば、建玉の低さはあまり重要ではありません。同様に、原資産の長期的な動きが自分に有利になると確信しているのであれば、建玉の低さは意思決定プロセスの決め手になる必要はありません。

最終的な留意点

建玉と取引高は、多くのオプション・トレーダーが取引機会を特定するために使用する重要な指標です。一般に、建玉と取引量の増加は、価格の上昇に先行すると考えられています。したがって、建玉数が多く、取引量が多いオプション契約は、安全な賭けであると考えられます。

これら2つの指標は、暗号トレーダーの初心者にとって特に有用です。暗号オプションの初心者は、多くのアクティビティを示しているオプションを選ぶのが賢明です。それはおそらく、過度のリスクを取ることなく、暗号オプションを学び、取引するための最も簡単で安全な賭けです。それでは、よいお取引を


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です