1. トップページ > 
  2. TALK SESSION > 
  3. 豊田市・みよし市の未来

再生

豊田市・みよし市

豊田市・みよし市の未来

ものづくりの街は、世界中から人が集うことができる可能性のある都市機能を持っている事について語りあいました。

この動画のポイント

  1. 01

    ものづくりを軸にしたコミュニティが元気な老後を過ごすために、高齢者の農作業や運動などをサポートすることで、地域を活性化できる。
  2. 02

    介護施設の人手不足を解消するために、教育補助や働き口を提示し、シングルマザーの方を募ることで現在の働き手不足を解消できるのではないか。
  3. 03

    全国から人があつまる豊田市・みよし市が未来永劫発展するために人々を守っていくのが政治の役割。
徳川 家広
 
1965年2月7日、東京都生まれ。父・徳川恒孝(徳川家18代目当主、元日本郵船副社長、徳川記念財団理事長)の仕事の関係で、小学校1年から3年までをアメリカで過ごす。学習院高等科を経て、慶応義塾大学経済学部に進学。卒業後、米ミシガン大学大学院で経済学修士号を取得。 バブルの興亡 日本は破滅の未来を変えられるのか』(講談社)現在、翻訳・執筆活動のほかに、新聞、雑誌など各メディアで評論活動も展開中。