1. トップページ > 
  2. TALK SESSION > 
  3. ものづくり

再生

農業

ものづくり

豊田市で桃を生産する農家の方にお話を伺いました。世界に誇る美味しい農産物を次の世代につなげていく鍵はどこにあるのでしょうか。

この動画のポイント

  1. 01

    豊田市とみよし市はクルマの街と言われているが、農業の盛んな地域でもあります。手塩にかけた桃、葡萄、梨が出荷され、国内をはじめ世界の方々に愛されています。猿投地区は地盤が硬く水田に向かなかったのを先人たちが果樹に転換、改良を重ねブランドとなりました。
  2. 02

    TPPに日本が入れば関税がなくなり車の輸出にはプラスですが、「消費者はよりよいものをより安く買いたいのは当たり前。生産者も輸出や法人化等の努力をしなければならない。」との意識の高さが伝わってきました。現役世代の後ろ姿を見て自ずと後継者が育つのが楽しみです。政治は、世界経済の基本である自由貿易を守りものづくりの現場に応えなければなりません。